今ある家を売って新しい家に引越しをしたい!でもまだローンが…。

様々な事情で家を買い替えるときに、そう悩む人も少なくありません。
しかし、せっかく良い物件を見つけたのに、ローンを完済するまで引越しできないとなると、引越しは遠く先のことになってしまいます。

では、住宅ローンがまだ残っている不動産は、売却できないのでしょうか?

結論からいうと、「ローンが残っていても売却はできる」となります。
ですが、不動産の売却には、「抵当権を抹消すること」が基本。

抵当権とは、住宅ローンの返済が滞ってしまったときに、家や土地の権利を担保として、お金を借りている金融機関に提供するというもの。

つまり、返済をしないと家を没収されてしまうという状況なので、抵当権を抹消しないかぎり、事実上買い手が見つからないのも当然と言えます。

ということで今回は、ローン残債がある人の不動産売却について、抵当権を抹消する方法やや、返済方法の種類について解説していきます!

売却代金でローン残債を充当するのが基本

住居で購入した不動産を売却する場合、住宅ローンの残債が残っていることがほとんどだと思います。

この時、ローン残債を完済しなければ、不動産に設定されている抵当権は抹消されませんので、物件の売却ができなくなってしまうということが重要。

つまり、抵当権を抹消するには、ローン残債の返済が必要なので、不動産の売却代金でローン残債を充当するのが基本となっています。

そのため、ローン残債が1000万円あったとしても、物件が1500万円で売却できれば、まとめてローンを完済することができるので問題ないということです。

しかし実際には、ローン残債を売却代金で補えるケースは稀と言えます。

では、もしも不動産の売却代金がローン残債に足らなかった場合、どうしたらいいのでしょうか?

売却代金がローン残債に足らない場合

自己資金で支払う

売却物件を査定したものの、売却代金がローン残債の額を下回ってしまいそうな場合、足らない部分を自分の資金で支払うことができれば、ローンの完済となります。

しかし、実際にはローン残債を自分で支払うことのできる人は少ないと思います。
自己資金での支払いができない場合は、次の方法も考えてみてください。

住み替えローンが利用できる場合もある

売却価格がローン残債を下回った場合、新居のローンに、残債分を含めて借入れを行うことができる場合もあります。

ただし、上乗せできるローンにも上限があり、売却する期間の制限や審査条件などが厳しくなるので、収入に比較的余裕がある人や、今のローンよりも額が増えても問題ない人が利用できるものです。

また、売却と同時に新居の購入手続きも進めていく必要があるので、決済や引き渡しのタイミング、金融機関との調整が非常にシビアでもあります。

住み替えローンを利用するには、きちんとリードしてくれる不動産会社を選ぶことと、現実的に今後支払いが苦しくならないのかをしっかり見極めて判断することが大切です。

おすすめの記事