マンションや一戸建てなど、不動産を売却するときには、不動産会社に仲介を依頼するのが一般的です。不動産の取引はとても高額になるので、個人間のやり取りは法律的に可能であっても、仲介業者を通して行うほうがスムーズかつトラブルを防ぐことができるからです。

しかし、不動産会社に仲介を依頼する「媒介契約」をした場合、売買が成立したときには「仲介手数料」を仲介業者に支払う必要があります。

この手数料は、不動産売却の中でも大きなウェイトを占めるので、いくらかかるのかは売主にとって重要なポイントでもあります。

ということで、このページでは、不動産売却の際の、仲介手数料についてお話ししたいと思います。

仲介手数料とは?

仲介手数料とは、売主と媒介契約を結んだ不動産会社に対して、かかった費用や手数料をマージンとして支払うというもの。

そのため、買い手が見つかって売買契約が成されるまでは支払う必要がないものです。

売主と媒介契約を結んで売却を依頼すると、不動産会社は売却するための様々な活動を行います。例えば、物件情報サイトに情報を掲載、チラシを作成したりなど。

ただし、あくまで通常の仲介業務で発生する費用に限られているので、必要な出張費や特別な広告宣伝などの費用に関しては、仲介手数料ではなく、別途支払うべき費用として請求されます。

仲介手数料は上限が定められている

仲介手数料は、不動産会社が自由に決めることができますが、いくらでもいいというわけではありません。

仲介手数料は、以下のように上限額が宅地建物取引業法で定められています。

  • 売買価格が200万円以下の部分:報酬額は取引額の5%以内
  • 売買価格が200万円超400万円以下の部分:報酬額は取引額の4%以内
  • 売買価格が400万円超の部分:報酬額は取引額の3%以内

となっています。
※算出する際には、売買価格には消費税を含みませんが、報酬額には別途消費税がかかります。

仲介手数料の上限額の計算例

分かりやすく、例を挙げて計算してみましょう。

売買価格が1,000万円の物件の場合、

①200万円までの部分
200万円×5%=10万円

②200万円超400万円までの部分
200万円×4%=8万円

③400万円超の部分
600万円×3%=18万円

①~③それぞれの額に消費税を足した金額、

つまり10万+8万+18万=36万。
36万に消費税をプラスした金額が仲介手数料の上限額となります。

なお、売買価格が400万円を超える場合は、

「仲介手数料上限=(売買価格×3%+6万)+消費税」で簡単に算出することができます。

仲介手数料の上限まとめ

消費税が8%の場合で考えた場合の、仲介手数料の上限をまとめてみました。

【売却価格⇒仲介手数料+消費税】

  • 2000万円⇒71万2800円
  • 2500万円⇒87万4800円
  • 3000万円⇒103万6800円
  • 3500万円⇒119万8800円
  • 4000万円⇒136万800円
  • 4500万円⇒152万2800円
  • 5000万円⇒168万4800円
  • 5500万円⇒184万6800円
  • 6000万円⇒200万8800円

なお、売却価格とは、売り出した価格ではなく、最終的に成約した物件価格が基準となります。

仲介手数料を支払うタイミングは?

仲介手数料は、どのタイミング支払うべきでしょうか?

まれに、物件の引き渡し時期にまとめて支払う場合もありますが、一般的には売買契約を締結した際に仲介手数料の半額を支払い、売買物件を引き渡すタイミングで残りの仲介手数料を支払うのが基本です。

また、不動産会社と媒介契約を交わした段階(買い手が見つかっていない状態)のままであれば、仲介手数料支払う必要はないので、支払いのタイミングには注意しましょう。

仲介手数料が半額や無料の場合もある

これまで算出してきた仲介手数料は、あくまで上限です。

ということは、どんな場合でも上記の値段が当てはまるというわけではありません。
仲介手数料は、上限以内であれば不動産会社が自由に定められるため、仲介手数料を半額にしたりするケースもあります。

また、売主と買主の両方から手数料が取れる場合には、一方からの手数料を無料にしてもマージンを受け取ることができるので、不動産によってはどちらか側の仲介手数料を取らないケースもあるのです。

最近では、不動産仲介業者の競争が激しいことからも、積極的に仲介手数料の減額を行っているところも増えています。

ただ、安くても信頼性がなく、サービスの質が悪ければ売買契約を交わすのは危険です。仲介手数料を上限分請求する業者であっても、買主側としっかり交渉し、条件よく高額で売却できる場合もあるので、仲介手数料だけにとらわれて不動産会社を選ばないようにしましょう。

おすすめの記事