土地の売却をする時、測量をするかどうか迷っているという方も少なくありません、

しかし、測量は一体何のためにするものは何でしょうか?
必ず行う必要があるのか、又は費用や期間はどれくらいかかるのかなど。

今回は、土地売却をお考えの方に、測量についてお話ししたいと思います。

測量は絶対必要なのか

結論から言うと、「必ずしも必要ではない」です。

しかし、測量とは土地の境界線を決めるもので、権利を明確にするために必要なことです。

そのため、土地の境界がはっきりしていない土地の売買をすると、後々買主やご近所さんとのトラブルになることも多いため、土地の売買には測量が求められることがほとんど。

堀やフェンスがなく、境界線があいまいな土地であれば、ほぼ間違いなく測量を求められるでしょう。

また、地価が高い場所においては、面積が1㎡変わるだけで大きく金額が変わってきます。土地の権利面積を正しく図ることで、売却価格が数百万変わったということもあるので、買主だけでなく売主にとっても安心材料となるのです。

測量はどこで依頼するのか

土地の登記を目的としている測量は、測量士ではなく土地家屋調査士に依頼します。

もしくは、仲介を依頼している不動産会社から紹介してくれるところもあるので、どこで依頼しても問題ありません。

しかし、測量を行う際には、隣人住人らとの境界線を交渉することもあるため、経験豊富で交渉上手な業者を選ぶほうが良いでしょう。

測量にかかる費用の相場

測量にかかる費用は、依頼する土地家屋調査士によって多少の差額はあります。

一般的な測量の場合、かかる費用相場は「30万~50万円」となっています。

土地の広さや形状によって測量代が決まる仕組みとなっています。

なお、不動産会社から紹介を受けた土地家屋調査士の場合、紹介料が上乗せされている場合がほとんどなので、自分で見つけるよりも少し値段が高くなる傾向があります。

測量費用を少しでも安く抑えたい場合は、ネットなどで探す方がおすすめです。

測量費が高額になるケースもある

測量でかかる一般的な費用相場は30万~50万円とお伝えしましたが、状況によってかなりの高額出費になるケースもあるので注意が必要です。

測量費が高くなるケースとしては、

  • 隣の土地が私有地や国有地の場合
  • 土地の形状が複雑な場合
  • 隣の土地の所有者とトラブルになっている
  • 測量が難しい山奥などの土地

です。

特に、私有地や国有地の場合、一般的な測量とは違い、専門的な調査工程が必要となるので、手間や時間も比べものにならないほどかかってしまいます。

その場合は、60万~90万円ほどかかる場合もあるので覚悟しておきましょう。

測量費は誰が払うべき?

測量費は、基本的には誰が払うかという決まりはありません。

そのため、売主と買主が話し合いで決めることも可能です。
稀に、測量費を支払ってでも早く買いたいという人もいますが、ほとんどの場合は売主が普段するのが一般的。

なお、測量はあくまで強制ではないので、求められても無理に答える必要はありません。

しかし、購入者の購入意欲をなくさせないためや、売却後のクレームを防ぐためにも、測量を行う売主もいるということを覚えておきましょう。

土地の測量にかかる期間

測量には意外とお金がかかるということがわかりました。
では、測量するのにはどれくらいの期間がかかるものは何でしょうか?

平均的な期間は、3ヵ月~4か月程度と言えます。

1日2日で終わると思っている方も多かったのではないでしょうか?
しかし、測量範囲が広い土地などはもっと時間がかかる場合もあり得ます。

また、隣地からの承諾が出ないかぎり境界線を決めることができないので、隣地の住人さんと揉めてしまうと、1年以上かかってしまう場合もあります。

そのため、明確な境界線がない土地などは、早めに測量することをおすすめします。

まとめ

土地売買の測量の基礎知識をお話ししてきました。

測量には法律的な義務はありませんが、隣人とのトラブルや売却後のクレームを防ぐためにも、売主負担で測量を行うケースがほとんどです。

土地の売却を検討されている方は、早い内から測量するかどうかを慎重に検討してみてください。

おすすめの記事