不動産を売却するとき、仲介を依頼する不動産会社で査定をしてもらうと思います。
しかし、査定額は不動産会社によって異なることも珍しいことではありません。

査定額はあくまで売り出し価格を設定する際の基準となるものなので、「必ずこの価格で売れますよ」という保証はないのです。

実際に、悪徳な不動産では、契約をしたいために実際では売れないような高額な価格を提示してくるケースも少なくありません。

売却価格を知って後悔しないようにも、不動産会社は査定額だけを見て選ぶのは危険。
その不動産会社が本当に信頼できるのかどうかも見極めることが大事です。

では、一体どのような基準で不動産会社を選べば良いのでしょうか?

優良な不動産会社を見極めるポイント

信頼できる不動産会社を選ぶためには、まず複数の業者に査定することが基本です。

1社だけに絞ってしまうと、売り出し価格の相場やサービスの違いなどを比較できないので、優良な不動産会社を見つけられる確率はかなり減ってしまいます。

あくまで複数の不動産会社に査定を依頼したうえで、以下のポイントに気を付けて選ぶようにしましょう。

査定額の根拠を詳しく説明できるか

不動産会社によって査定額が異なることは多々あることですが、重要なのはその根拠です。

周辺の取引実績や市場がどうなっているのか、事実に基づいた書面などで説明をしてくれる会社であれば、信頼できる不動産会社と言えます。

反対に、根拠があやふやで、説明も上手くできないような会社であれば、他の不動産会社を選ぶほうが良いかもしれません。

注意したいのは、「言葉だけを信用しないこと」です。
不動産のお得意の手口ともいえるのが、

  • 「人気のエリアだから高く売れる」
  • 「すぐに売れるツテがある」

などのうたい文句です。

これらの言葉は、特に買取実績や売却知識がなくても言える言葉ですので、鵜呑みにするのは危険です。もしこれらの言葉で契約を勧められた場合は、「なぜ人気エリアなのか」「他にも売却実績があったのか」「実際にいくらで売れたのか」などを詳しく聞いてみましょう。

売却物件を得意とする不動産会社か

不動産会社と一口に言っても、物件によって得意不得意があります。

  • 「戸建てよりマンションのほうが得意」
  • 「住宅用より投資物件のほうが得意」
  • 「売買より賃貸業のほうが得意」

など。

高く売るためには、売りたい物件の条件を得意とする不動産会社を見つけるのが重要なポイントです。

一度、売りたい物件に近い物件の、買取実績が豊富にあるかどうか、確認してみましょう。

例えば、戸建てであれば、周辺エリアで同じような物件の実績数や、マンションであれば、同じマンションの売却実績があるかどうかを聞いてみるなど。

実績数を知ることで、不動産会社が得意とする物件の種類が分かりますよ。

強く勧誘しない&親身になって聞いてくれるか

物件を売却する理由は、人それぞれです。
単に新しい物件に買い換えをしたい方もいれば、住宅ローンの支払いが苦しいため早めに売りたい方、1500万円以上で売れないと困るなど、

売却時期や価格などの希望が強いケースも多くあります。

そんなとき、不動産会社が条件を親身になって聞いてくれるか、適切なアドバイスをしてくれるかがポイントです。

場合によっては、高く売ることよりも「早く売る」方が結果的に特になる人もいるので、今後の生活も含めて、最適な売却方法を提案してくれる会社を選ぶようにしましょう。

反対に、ろくに話も聞かずに媒介契約を勧めてくる会社や、「売れる」の一言で済ませてしまう会社には注意してください。

悪徳業者でなかったとしても、実績が極端に低く知識がなく、頼れる営業マンがいない会社だと、売買契約時のトラブルにもなりかねません。

「頼りにならないな」と少しでも感じる会社とは、手を引いておくことをおすすめします。

信頼できる業者を選ぶためには、比較が絶対!

悪徳な不動産会社を利用しないために、信頼できる会社かどうかは自分の目で確かめましょう。

そのためには、複数の不動産会社を比較して、優秀な不動産会社を見つけることが大事です。

査定額だけにとらわれず、本音をきちんと教えてくれる不動産会社であれば、自分にとって有利な情報やアドバイスもしてくれることでしょう。

不動産売買を行う人は、ほとんど初心者です。
知識がないことを逆手にとって、騙してくる悪徳な不動産会社も存在するのは事実。

失敗なく気持ちよく売却するためには、査定額よりも不動産会社を比較することが一番大切です。
今回挙げた不動産選びのポイントを抑えて、スムーズに売却できるよう頑張りましょうね。

おすすめの記事